世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

人が亡くなると日本では宗教に乗っ取った儀式を執り行うことになり、葬儀を順序良く進めることになります。

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

社会的に意味のある葬儀

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)
人が亡くなると日本では宗教に乗っ取った儀式を執り行うことになり、葬儀を順序良く進めることになります。葬儀の意味としては、様々な物がありますが精神的な処理ということもいえます。残された遺族の悼む気持ちを鎮めるための儀式ということでは、亡くなった故人のことをおもって気持ちの整理をしたり、また感謝や後悔の念を持っていたり、様々な想いが交錯することになります。その他の葬儀の意味としては、社会的処理として考えることがあります。どこの誰が亡くなったのかということや、どのように遺体を処理するのかという意味も含まれていますので、広い意味でも社会的な行為ということになります。

行政の処理としてもすすめられるので、亡くなった人が暮らしていた痕跡を無くしていくということになるので、銀行の停止や様々なことをクリアにすることになります。そのために速やかに亡くなった手続きをすることが大切です。葬儀の流れや方法は宗派により異なりますが、大きな違いがあるわけではありません。葬儀の前夜に通夜をすることや、故人とのお別れなども、どの宗教でも慣習としてはあります。通夜の晩には、一日中誰かが遺体に付き添いますので、線香や灯りを絶やすことなく管理します。