世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

日本で考えられている葬儀は、悲しみの場と考えられることが多いです。

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

日本における葬儀の意味

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)
日本で考えられている葬儀は、悲しみの場と考えられることが多いです。もちろん、高齢者の中には大往生というくらい長生きをして、逝く人もいますがほとんどが悲しみの場になり、悼みを分け合います。しかし、外国では死者の新たな門出の祝いという意味があることから、葬儀なども盛大に明るくすることもあります。文化の違いもありますが、盛大に送るということも悪いことではなく、価値観の違いによってもたらされる儀礼なども、受け入れる必要があります。しかし、日本における葬儀の意味合いですが、日本だけでも地域によって意味は様々あります。

日本における葬儀には宗教種類もありますが、宗教としての概念が深く関係していることから、自由な発想でやることもありません。亡くなった人の宗教もありますし、また参列者の宗教によって儀礼を変えていくこともあります。しかし、全く違う葬儀をすることではありませんので、多少意味合いが異なるという程度だということも覚えておくことです。葬儀は死者とのお別れする儀式、または偲ぶ場とされていますので、死者を送り出し遺族のためのものになります。たくさんの気持ちが交錯する中で執り行われますので、派手にすることはありません。

おすすめ!