世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

葬儀の前に末期の水というのがあります。

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

葬儀の前の末期の水を知る

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)
葬儀の前に末期の水というのがあります。末期の水というのは、経験が無い人にとっては何のことかわからないですが、俗にいう死に水ともいいます。最期を看取る人一人一人が逝く人を送る儀式になりますが、仏教では大切な葬送儀礼といわれています。意味がちゃんとあり「お釈迦様入滅時の故事に因む」ということになり、本来は息を引き取る直前にやります。しかし、現実にはタイミングなどもありますので、逝去直後にやることがほとんどになりますので、知っておくといい儀礼となっています。

亡くなった故人との関係では、血縁が濃い方から順番にその場にいる全員が行います。宗派によっては仏教でも、末期の水はしないこととされていますので、必ず行うことではありません。やり方としては、まず茶碗に水を用意し、脱脂綿やガーゼ使って割り箸の先に挟みます。茶碗の水を含ませて、故人の唇を潤す行為になりますので、悲しみをかみしめながらやる儀式です。すべてのことを想い出しますし、感謝の気持ちも出てきます。また後悔の念で気持ちが満たされることもあるので、周りの縁者はそれぞれの気持ちをかみしめながら進められていくことです。そして、おもいっきり悲しみ次に歩む必要があります。

おすすめ!