世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

葬儀までの流れでいえば、故人が逝去した直後というのは特別な理由が無い限り、病院のベッドの上で死を迎えることが多いです。

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

逝去した後の葬儀まで心の整理をする

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)
葬儀までの流れでいえば、故人が逝去した直後というのは特別な理由が無い限り、病院のベッドの上で死を迎えることが多いです。何かの事情によって自宅など他で亡くなった場合には、まず警察や病院での対処になりますので、司法解剖が必要なこともあります。病気をしていることによって、入院療養中の家族や大切な人が闘病の甲斐なく逝去した時というのは、覚悟をしていても遺族がどう対処するべきなのかわからなくなることも少なくありません。何度も葬儀などの経験を持っている高齢者の重鎮が近くにいれば、段取りなどを冷静にアドバイスをもらうことができますが、そうもいかない時もあります。

大切な方がたった今息を引き取ったその直後ですから、時間の経過とともに回復する気持ちの整理もできないままに、葬儀まで進めなくてはいけません。葬儀への対処が始まるということを頭の片隅に入れておくことも、家族としての役割だと割り切っていく精神的な強さが必要になります。家族など誰かが病院で臨終を迎えた場合には、マナーや順序がありますので、対処すべき葬儀に向けた手順を調べておくことです。葬儀前手順という言葉を知って、準備をすることで新しいスタートを切ることができます。