世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

死者に対し、敬意を込めて埋葬するまでに一定の祭儀を行う葬儀。

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

日本における葬儀の仕方

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)
死者に対し、敬意を込めて埋葬するまでに一定の祭儀を行う葬儀。日本においては、使者に対し敬意を表して葬る場合、火葬をしますし、これは告別の儀において執り行われるのが一般的となっています。葬式ですが、色彩設定は黒が主調となっています。黒ですが、死を意味する無彩色で最も明度が低い色彩ですが、厳かで威厳が在る無彩色としても知られています。礼儀作法に則った色彩でもあり、黒は無を意味しており、死者に対して無言の敬意を表しているとも見受けられます。

火葬ですが、これは大抵は告別の儀で行われる事になります。ただ、東北、山陽、九州の一部の地域並びにかつては独立国家であるレキオだった沖縄県では、告別の儀の前日に火葬が行われるとされています。かつてのレキオだった沖縄県ですが、日本の一部であるものの熱帯アジアに属しており、中国の文化が色濃く残っています。そのため、告別の儀の前に火葬を行うのが当然とされています。葬式の場ですが、僧侶に関しては艶やかな衣装を着る事が許されています。そのため、僧侶の存在は、厳かな儀式においてはアクセント的な存在とされています。

また、日本では、行旅死亡人(身元が判らず、官報等で死亡確認された際、特徴等が公開されて且つ番号で処理された故人)や身寄りの無い人が死亡した場合、助葬という制度が在ります。これは、身寄りの無い人等が死亡した場合、関係者で葬儀ができないときに、慈善団体等が代わりに行うという制度です。助葬ですが、運営費用は自治体が事前団体等に出してくれるとされています。これは生活保護行政として行われるものであり、身元が不明であっても助けるという制度とされています。他には、通夜や告別式を省いて火葬だけを行う直葬が在ります。費用は20万円程度と割と安価であり、葬儀全体の一割程度を占めているといいます。直葬制度の存在理由ですが、これは主として経済的に貧窮している遺族を保護するため、とされているようです。