世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

お葬式代はいくらかかるのか、そんな疑問を抱くこともあるでしょう。

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

葬儀費用の知識を得ておく事

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)
お葬式代はいくらかかるのか、そんな疑問を抱くこともあるでしょう。お葬式がどれくらいかかるのか、またこれからの為にも知りたいという人も葬儀の事は事前に知っておくのも無駄な知識ではありません。高齢化社会において、いつ何時あるかわからないのですから知識として知っておきましょう。まず、お葬式のタイプにはいくつか分かれます。一般葬は50人から400人くらいを予定して、予算も50万円からあります。そして次にあるのが直葬で、こちらはお通夜に葬儀なしの火葬のみです。

こちらは葬儀屋により違いはありますが大体が10万円からあります。最近多くされているのが、家族葬です。30人くらいの小さなお葬式ですが、費用は一般葬に比べればやすく30万円からです。そして、自然葬は散骨と言った形式で行われ、20万円から行えます。これはあくまでも目安であり、プラスとして預かり安置費用にドライアイス、写真やお別れの花、火葬場用花束に霊柩車や最期のメイクに最期のお湯、料理や返礼品と言ったもろもろの物がかかります。

家族葬でも30万円からのプランで必要に付け足していくと100万円位かまたはそれ以上かかるケースもあります。ゆえに、ある程度のプランを知っておくことと、見積もりを必ず取ることが大事になります。