世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

人の死を弔うための祭儀を葬儀といい、この儀式は厳粛に行われる事になっています。

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)

世界の葬儀事情(キリスト教の場合)
人の死を弔うための祭儀を葬儀といい、この儀式は厳粛に行われる事になっています。また、葬儀では、使用される色彩は黒が主調となっています。黒ですが、これは最も明度が低い色となっており、厳かなイメージが在ります。黒の色言葉ですが、死そのものを象徴しているとされています。ただ、葬式では、厳粛で参加者は無表情である事が少なくなく、「暗いものの、それでも存在感が在る色」である黒が相応しいとされています。喪服に関しても、黒が葬式では礼儀となっています。

葬儀ですが、海外ではキリスト教がかなり目立っているようです。キリスト教ですが、多数派とされるカトリック、プロテスタント、正教会で葬儀の流儀が異なるとされています。カトリックの場合、人の死は「終わりでなく、キリストを信じる人にとっては復活への希望」となるとされています。また、死が帰天、つまり天に戻るという事を意味しており、死者は天界に戻ったという事になります。また、カトリックの場合、葬儀の仕方は地域によって多少は異なるとされています。また、カトリックにとって葬儀は、死者だけでなく残された人を祈る場ともいわれています。カトリックと対比されるプロテスタントの場合、人の死は忌み嫌うものではないとされています。死者は、キリストの所へ行くとされており、死は復活するための準備に過ぎないと解釈されているといわれています。死は、天国で故人となった人と再会するための一時的な離別に過ぎないともいわれています。

正教会の場合、聖歌を歌うとされています。ただ、楽器を使用せずに歌だけの儀式となり、正教会では故人という概念は無くて永眠者と表現されているといいます。永眠ですが、これは「死は、来世で復活するために一時的に眠っている状態」とされており、死そのものを否定しているようです。正教会では、永眠者に対してパニヒダという、永眠者に対して天国で安住してくれる事を祈る儀式が行われるとされています。また、永眠者に対し、死後に定期的に行われるとされており、死者への敬愛の精神が感じられます。

おすすめ!